スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行:ピサの斜塔

親友のN子ちゃんが娘2人とイタリアへやってきました!
私がイタリアにいるうちに1度くらいおいでよ~といい続けて数十年。。。
今回は帰国するかもしれない。。と脅したら、重い腰を上げてやっと来てくれましたよ^^

個人旅行なので、プランは自由にできるけど、ホテル、移動の電車、美術館などは、当然ながら個人で手配しないといけない。
Skypeでコンタクトを取りながらホテルを押さえ、電車の切符、美術館のチケットなどは私が手配しました。

4月30日遅くボローニャ着。
パルマにも飛行場はあるものの、と~っても小さいので乗り継ぎの便がないんです^^;
なので車で高速を飛ばして迎えにいきましたよ♪

2人の娘さんは20代で元気一杯!N子ちゃんも体を動かす仕事をしているので、小柄ながらもバイタリティーは人並みはずれ。
移植したとはいえ、体力に自信のなかった私。ウォーキングをしてちょっとだけ体力をつけようとしましたが、連日の雨続きでなかなかできず。。

私のことは全て知り尽くしているN子ちゃん、移動の際は私のボストンバックを持ってくれました^^;

さて、5月1日から7日までの旅程なのですが、1日はあいにくメーデー。
バスは運休、電車も間引き運転、美術館、博物館は休館、レストランなども休みのところが多いそう。。
いろいろ調べてみて、ピサは唯一開いているとのことで、まずピサを観光することに。

しか~し、うっかりしていて自宅から駅までのバスの運休を忘れてた。。
タクシーもあるかどうか分からないので義息子のDに頼んで送ってもらうことに。
快くOkしてくれて一安心。

ピサからはバスがないので、ぶらぶらと町並みを散策しながら歩いてピサの斜塔へ。
途中で屋台が出ていました♪

IMG_0040.jpg

次女Mちゃんの携帯より。綺麗に写るんですね~。
素晴らしいです。

IMG_0042.jpg

マジパン綺麗です~☆
食器、アクセサリー、食品などいろんな屋台が出ていました。
見ているだけでも楽しめます♪

ゆっくりと30分ほど歩いてピサの斜塔に到着!

IMG_0045.jpg

デ~~ン!!

あいにくのお天気にも関わらず沢山の人で混雑していました。
インターネットで予約した時間は15時。
身障者の私は美術館、博物館など無料になり、付き添い1人も無料になるのですが、念の為予約する前に電話で尋ねてみると、障害100%の人にしか有効ではありませんとのこと。
(ちなみに透析者は100%です)
1人分のチケットは18ユーロでした。

そろそろ時間なので列に並びにいったら、バッグを荷物一時預かりにおいてきてくださいとのこと。
知らなかった~~~^^;(添乗員失格^^;)
一応バックを預けに行って遅れても入れるかどうか確認して荷物を預けに。
斜塔を見学する人は無料です。

ちなみに斜塔に上れるのは30人のみ(インターネット予約は20人まで、当日券が10人までです)15分おきに小グループに分けて上ります。
斜塔に入ったところで、まず英語とイタリア語どちらが分かるか手を挙げさせられ、多かったほうの言葉で説明があります。英語が多くて英語の説明になってしまった。。英語わかりません^^;
観光地ですから外国人が多いですよね^^;
中に入っただけで傾いているのが分かりました。床がすでに傾いている。。

IMG_0046.jpg

地面と直角に鉄柱がありました。
斜塔を支えているのかなぁ?

英語の説明が終わってから気になっていたことを聞いてみました。
いつ傾いたのか?倒れる心配はないのか??
塔を建て始めて2階くらいから傾いてきたそうです^^;でも塔を建ててから直立することができると思っていたとか。。まぁ傾いたから有名になったわけで結果としてはよかったんでしょうけどね。
倒れないようにしっかり考慮されているそうなので、傾いて崩壊してしまう恐れはないそうです。

IMG_0061.jpg

上からの眺めは素晴らしかったです~♪


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

なつかしのピサの斜塔

2000.12.1ピサにて

イタリアの旅、11/27成田発アムステルダム空港着でミラノ⇒ヴェネツア⇒フィレンツェ⇒ピサと5日目でした、斜塔を支えているワイヤ-なども撮影して参りました

観光の後バスにもどる途中でガイドにも注意するように言われてたいたのです、赤ちゃんを背負った中年女性の二人連れ(ジプシ-かも知れません)が新聞紙の1/4位のダンボール用紙に何か書いてあるもの持ち、何か話しかけるようにして近づき、差し出したダンボール用紙の下からいきなり私の肩にかけたバックをすごい力で奪おうとするではありませんか、その時懐にも手を入れられたような気がしました

大声で怒鳴り、振り払ったら一目散に逃走しました
被害ゼロでしたが本当に怖いと思いました

最初は何か買ってくれという売り子かと気を許したのが間違いだったのとツア-の集団と10m位遅れて歩いていたので狙われたのだと思います、ボケットしていてスキもあったのでしょう

見事な斜塔、礼拝堂・にぎやかな出店、周りの青々とした手入れの行き届いた芝生もすばらしく懐かしいです、楽しいことも沢山ありましたが治安の面で外国は怖いという体験をしました

定年後初の海外の旅でしたので、いつもイタリアの旅のことと重ねあわせて拝見しています
その後フランス・ドイツ・スイス・ハンガリ-・オ-ストリア・チェコ・スペイン・ポルトガル・北京など経験しました

でも死ぬまでにももう一度行けるならイタリアと思っています
約1週間食事療法を無視してやるしかないかなと思っています

Hiropin

hiropinさんへ

折角の楽しいイタリア旅行、怖い思いをされたのですね。国を持たないジプシーは観光地の至るところにいますし、電車の中でもよく見かけます。だいたいは”子沢山(兄弟が多い)で貧しく食べるものもない、小銭を恵んでほしい”という紙に書かれたカードを持っていたり、地下鉄の中ではアコーディオンやバイオリンなどを演奏してお金をもらったりしています。

隙を見てバックを捕るというのはビックリですね。
私はしょっちゅう見かけますが、ひったくりというのはあったことがありませんし、聞いたこともありません。

大声で怒鳴ったというのは正解ですね。
何かと優柔不断な日本人は、外国ではしっかりとNo!と言える姿勢がとても大切だと思います。

イタリアはすっかり初夏で、一番美しい季節になりました。また是非いらしてください♪
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。