移植外来

定期健診でした。
いつものように血液、尿検査(細菌培養検査含む)。
2ヶ月前に気づきましたが、細菌培養検査は今までのようにプラスティックのカップに採尿するのではなく、検便のときに使うような容器を使用し、その中にあるスポンジがついた棒のようなものを尿につけるだけでいいんですね。最近検査方法が変わったのでしょうか。ローマではまだ変わってませんでしたが。
細菌培養検査のための採尿は、雑菌が入るとだめなので、とても気を使っていたので楽チンです♪

さて、一昨日検査をし今日診察でした。
検査結果は次のとおりでした。


                   4月19日          6月5日   
                 
    WBC              8.87             9.49       (4~10)
    RBC              4.19              4.21       (3.9~5.2)
    Hb               12.9              13.2       (12~16.0)
    Ht               40.1              41.6       (36~46)
    グルコース          80               81        (60~100)
    クレアチニーナ        0.9              1.0        (0.5~1.4)
    尿素               30              44        (10~50)
    尿酸              6.8              6.6        (2.0~7.0)
    ナトリウム          141              141       (135~148)
    カリウム           4.4               5        (3.5~5.3)
    カルシウム          9.2             9.3       (8.3~10.5)
    リン               3.3               3.7       (2.5~4.8) 
    タクロリムス         7.9               7.7      (5.0~15.0)
    Hb-Alc                            42       (19-43)

尿検査 
    細菌             1000以下         1000以下(問題なし)

すべて基準値に入っているって嬉しいですね。赤も青も何もなし!
何だか清々しさを感じますよ。
他にもいろいろ記入していない検査項目もあるんですが、今回見慣れないものがありましたので、追加しました。
たぶん年に1度の検査なんだろうと思われます。
”Hb-Alc”日本では%で表すようですが、早い話糖尿病をみる検査です。
1~2ヶ月前から採血時までの、血糖値の平均なんですね。

パルマに戻ってからというもの、ストレスもあってか、結構甘いものを食べてしまっていて(また最近はあんこにはまっているし^^;)今回の検査は多少心配もあったのですが。。
ギリギリですね~。。グルコースは低いんですが。
特に注意はされなかったのでいいのでしょうけど、ちょっと控えめにします。。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム