スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐俣の湯

実家の周りには結構温泉施設があります。
それぞれ車で5分、10分、25分に3か所。
実家から5分の所は13種位お風呂の種類があり、いつも人で賑わっています。
10分の所は山頂にあり、露天風呂の眺めは最高です♪

帰国していずれも行きましたが、昨日は少し遠い車で25分の”佐俣の湯”へ。
山間に囲まれたのどかな所にあります。

images.jpg

湯 湯2

湯3

お湯は透明でしっとりしています。
温泉の湯って結構熱めだと思うんですが、湯加減がピッタリ!
温くはないのですが、何分でも入っていれそうなくらい、いいお湯でした。
今の時期赤く染まった紅葉も目の保養になりました☆

今回も母は家の用事があったので、私の運転で父と行きました。
今までは父と2人で出かけるなんて殆どなかったので、父親としては嬉しかったようです。
いろんな話をしたし、田舎だご汁を2人で分け合って食べて(夕飯前だったので)、それも嬉しかったようです。
年頃の娘とはまず無理だろうし、結婚したらまた実家にもなかなか帰ってこれないだろうし、一応フリーの私としては1年に1か月もの間一緒に生活できるので、今のうちにいろいろと親孝行できればと思っています。

IMG_1361.jpg

毎年年賀状作成の時期に帰国するので、今回も年賀はがきの裏面を作成して、印刷の手伝いをしました。
印刷200枚。今はコンピューターでできるので、とっても楽ですよね^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

親孝行しましたね~!

なかなか父親と2人で出かけるって無いですよね。
私は、父と2人でどこかへって行った覚えがない(笑)
もう他界してしまったので、この先も無いわけでYさんにとってもお父様にとっても忘れられない思い出になりますね。きっと。

お風呂も気持ちよさそうだし、2人で話したことも2人で見た景色も大切な宝物ですね^^

SORAさんへ

両親ともどもずいぶん年齢を重ねてきましたので、できるうちにいろんなことをやっておきたいと思います。
日曜には帰国で、もう荷物を詰めたりしています。
1か月もいれたのに、あっという間に過ぎ去ってしまいました。
でも今年は父とのコミュニケーションが結構できたので満足です。
まだまだ元気で長生きしてほしいと思います。

はじめまして。

初めまして、Bianco と言います。

無事、Parma にもどられましたか?

3年程前に、主人が腎移植をすることに成り、情報を得たくてネットでウロウロしていてこちらのページを知りました。
何と外国で移植をされたという事に、私はとっても驚いて、それ以来、全ては読ませては頂けてませんが、当初は、移植関連、時が経るにつれ、イタリアでの日々の暮らしや、旅のお話など、陰ながら拝見させて頂いてます。

主人も一昨年の春に、無事、移植を終えました。
長年の透析、移植患者特有の、そしてプラス、誰もが逃れられない加齢による雑多な諸問題は、抱えてるものの、どうやら、元気に過ごしています。

で、同じ移植者(本人ではありませんが)ということと、もうひとつ、
私が勝手にAuthorさんに親しみを感じさせられたことが、Parma にお住まいということでした。
私は、15年程前、5年位の間に毎度2泊の短い訪問ですが、6~7回は行ったでしょうか。
とてもステキな街で、大好きでした。
だから、たまにParma の街の写真が載ると、どこかしらと血眼になってるんですよ。
そんなこんなで、以前から、何度も一度はお便りさせて頂きたいと思いながら、どうも、投稿などは経験が無くて。。
でも、来年2月末ぐらいに、久し振りにParmaに行こうかなと思い立って、思い切って、投稿させて頂きました。

で、何もかも、こちらの勝手で、まして初めてのお便りで、恐縮というか、失礼なのですが、個人的にAuthorさんにお尋ねしたいことやら、お話ししたいことが有るので、ご返信頂けたらと願ってます。

突然の申し出で、驚かれておられることと思いますが、
どうぞ、お時間の空いた時で結構ですので、宜しくお願い致します。

お待ちしていますね。

Parma も、寒くなってますか?
どうぞ、旅の疲れから、ご体調くずされませんよう。

Biancoさんへ

Biancoさん、はじめまして。
ようこそいらっしゃいました☆
イタリア旅行でまずパルマ観光に来る人は少ないと思いますが、Biancoさんのおっしゃるようにとても素敵な街です♪
メールを差し上げましたので、どうぞご覧になってください。
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。