胃カメラ

今年の3月から白血球、感染症値が高くなってしまい、膀胱炎のせいかと思っていたのですが、完治してからも値は変らず。
一時期胃の調子も悪く、食事を取る度に胃がキリキリと痛んでおりましたが、胃薬を服用するようになって症状も収まりました。
熱もなく、体調も普通で、どこにも思い当たるところがないにも関わらず、白血球と感染症値は高いまま。
ちなみに、白血球は120000、感染症値は8.5。

胃痛はなくなったものの舌苔はまだあるので、移植医に相談したら、胃腸科の診察を勧められ、胃カメラを飲むことになりました。

10時半から胃カメラ。
10時過ぎにはスタンバイしていたものの、予約を取っていたのにも関わらず呼ばれたのは11時半。
ままあることです。
検査室に通され、麻酔薬のスプレーを口の中に吹きかけられ、5分位待ちいよいよかと思いきや、医師はカフェを飲みに行ってしまい、、、15分待たされて麻酔が切れてしまった。。
更に麻酔薬スプレーをされたものの、すぐに検査開始。まだ効いてない。。

イタリアでは今回3度目の検査だと思います。
毎回虐待を受けているかの如く不快極まりない。胃カメラを飲み込むのが大変だし、何度もえずき、涙、唾液(今回は鼻水は出なかったが)と凄いことになる。
私の後に入った娘に付き添われた高齢の婦人。
何度か娘が出たり入ったりしていたものの、結局検査できなかったそうです。

日本でも1度したことあるけど、いつの間にか眠ってしまい、すぐに終わってしまった記憶があります。
どうにかならないのかな、イタリアの胃カメラ検査。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

2015年もあとわずか

Yさん、胃の調子がずっと悪いようで心配ですね。

下苔は、やはり胃腸系の不調のサインですかねぇ。
イタリアの胃カメラは最悪ですね。日本では考えられません。
他国の医療事情を聞くと日本でよかった~と心底思います。

胃カメラの結果、何事も無いに越したことにありませんが不調の原因が明らかになるといいですね。
お正月まで秒読み!新年は、やっぱり美味しいものを食べたいですよね。でも、胃腸の不調が酷くなるといけないのでお腹に優しい食べ方で年末年始お過ごしくださいね。

今年もありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い致します^^

SORAさんへ

SORAさん、お久しぶりです^^
胃薬を飲み始めてから、胃の痛みはなくなりました。
日本の医療は素晴らしいと思います♪
できれば帰国した時にできればいいんですけどね^^;

SORAさんにとって来年も素敵な1年でありますように☆
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム