皮膚科とアレルギー科

年の定期検査の中には皮膚科もあり、今回はアレルギー科も追加してもらいました。
皮膚科に今迄の経緯を説明すると、原因を確かめるためにも新たに複数の血液検査+便検査をし、その結果をもってアレルギー専門医の診断を仰ぎ、また戻ってくるように言われました。

幾つか検査があったのですが、目立っていたのはIgEトータル。
正常値0~87のところ、187。
CD16+CD56+/CD45+が90~590のところ、1290。

今迄にしたこともない検査。。
IgEというのはアレルギーがあるかどうか調べるもの。
アレルギー持ちですね。

CD16+CD56+/CD45+に関しては、もう専門の域で調べてもよく分からなかったのですが、、、
この検査、断片的に調べたら白血病、リンパ腫?
両方痒みがあるそうだし。。
でも白血病は白血球が異常に増えるそうで、まだそこまではないし、どちらの病気もだんだん痩せてくるとか。
痩せるのにダイエット?を心がけているものの、体重の変化はありません^^;

さて、この検査結果をもってアレルギー専門医のところへ行きました。
(以前も別の病院のアレルギー専門医の所へ行きましたが、カルシウム剤と痒みが出たときのクリームだけ処方されてます)
今迄の経緯を説明し検査結果を見てもらいましたら、

”水分を多くとること。薬を1日5つ以上服用していると肝臓に支障が来て痒みが出る”とのことでした。
水分不足!
そういえば、痒みが出だしたのが去年の9月から。
夏が過ぎて涼しくなり、自然と水分量も減ってきていました。
1日2リットルは飲むようにと言われていたにも関わらず、1000mlくらいだったように思います。
水分を最低1.5リットルはとって尿として排出するようにとのことでした。

まだ飲み始めて数日ですけど、快方に向かったら嬉しいです。

さて、検査結果+アレルギー専門医の診断結果をもって、再び皮膚科を訪ねました。
女医先生曰く、アレルギー反応がある以上、(服用している薬はずっと同じもの)水分不足だけということはないと思うとのことで、さらに女医先生の病院のアレルギー専門医の診断も仰ぐ形になりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム