スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極度の緊張解決法2

スタインウェイ

体重68.1kg 体温36.3度 血圧133/77 飲水量2400ml 尿量2250ml

上の写真は、音楽学校でのレッスンで毎回弾いているスタインウェイです。
ベヒシュタイン、ベーゼンドルファーと並んで、御三家の一つに数えられている世界的に有名なピアノで、このタイプで1300万円位するそうです。
左にあるのも同様にスタインウェイですが、音色に違いがあります。2つとも素晴らしい音色で弾くたびに上手くなった?と勘違いしてしまいます。
音楽学校では学生には惜しみなく無料で貸し出してくれます。嬉しい限りですよね。

スタインウェイ2

パルマの音楽院には今の所間違いなければ、3台のスタインウェイがあります。ベーゼンドルファーも2台ほど。他にはYAMAHA、KAWAIが殆どです。YAMAHAでも中にはとてもいいピアノが入っています。日本製品、こちらでは車を始めいろいろ有名です。

さて、昨日の続きですが、どうにかして極度の緊張を取りたい。。。と思っていた所、何かのTV番組で美輪明宏が、呼吸法がいいと言っていました。

鼻から息を深く吸って、丹田に(お臍から3本指くらい下の位置)意識をおいて、(息を吐き出すときに、くっとそこに支えができる感じ)口をすぼめて少しずつ出す。

これを聞いて、「なんだ!!」と思いました。歌の基本だったからです。

”ああ、どおりで、歌う前に呼吸法をやっているので、自然にリラックスできていたんだなぁ”と思った次第です。
ふーと息だけ出るよりもスーと軽い音になった方がいいと思います。注意点は息を吸うとき肩が上がらないようにすること。それに胸が上がったり前に出たりしてもいけません。これは横隔膜が働いていません。胸式呼吸になっています。

きちんと腹式呼吸ができている時は、肺に空気が入って横隔膜が下げられるので、お腹が出るんです。ここが目安ですね。(反対に凹んでしまったら胸式呼吸になっています)男性は基本的に腹式呼吸と聞いていますので、問題なくできると思うのですが、女性は殆ど胸式呼吸になってしまうので、もしかしたら練習が必要かもしれません。
どうしてもできないよぉ~という人は、横になって普通に深呼吸してみてくださいね。(呼吸は鼻からです)自然にお腹が膨らむと思います。

歌っているときも、ずっと腹式呼吸をしているのでリラックスが維持できるわけなんだ!気づかされました。
うん、でもピアノの場合、弾く前では意識してできるかもしれないけど、弾いている途中はどうしよう。。そんな余裕があるんだろうか。。。などと思っています。
兎に角、今度の試験では是非試してみようと思います。

私より先に何処かで試されて、緊張しなかったよ!!という方がいらっしゃったら教えてくださいね。(ちょっと半信半疑)

皆さんの1クリックが励みになります
左のBlogランキングもどうぞ宜しく

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。